Make your own free website on Tripod.com

「 Tribal Gathering」

Location : club key's

2AM till 9AM



い や 〜 と ん で き ま し た 。 久 し ぶ り に ( 笑 ) 。

今 回 の レ イ ブ は も ろ に フ ロ リ ダ サ ウ ン ド が爆 発 し て ま し た 。 ち ょ っ と フ ロ リ ダ の レ イ ブ で の 音 を 説 明 し た い と 思 い ま す 。( あ く ま で も 自 分 の 意 見 ) ま ず 分 か っ て 欲 し い の が 、 ア メ リ カ は 地 方 に よ っ て 音 の 質 が 違 う と い う こ と 。 例 え ば 、 ヨ ー ロ ッ パ の 影 響 を も ろ に 受 け や す い N Y な ど で は 、 多 分 今 ヨ ー ロ ッ パ の 方 で 流 行 っ て い る 音 が か か っ て い る と 思 い ま す 。 こ こ フ ロ リ ダ で は 聞 い た こ と あ る 人 も い る と 思 う け ど 、 「 イ ー ス ト コ ー ス ト サ ウ ン ド 」 ( 確 か こ ん な 名 前 が 付 い て い る と 思 っ た 。 ) と い う 音 の 影 響 を も ろ に 受 け て い る た め に 、重 低 音 が ビ シ ビ シ 効 い て い る 明 か る め の 曲 が 主 流 。( ゴ ア の 様 に 重 目(?) の 曲 は 少 な い 。 ) ゴ ア ト ラ ン ス 系 の C D は 探 す の に 一 苦 労 。 あ っ て も マ ニ ア ッ ク な C D は 絶 対 に 置 い て い な い 。 前 に あ ま り に も 不 思 議 に 思 い 、 ド ラ ゴ ン フ ラ イ 、 ブ ル ー ル ー ム な ど に 問 い 合 わ せ た と こ ろ 、 悲 し い こ と に フ ロ リ ダ に は C D を 卸 し て い な い と の こ と 。

さ て 、 本 題 に 入 り ま し ょ う 。 今 回 の レ イ ブ は い つ も よ り ち ょ っ と 早 め の 午 前 2 : 0 0 か ら 。 知 人 と 家 を 1 : 4 0 頃 に 出 て 会 場 に 着 い た の は 2 時 ち ょ い 過 ぎ 。 す で に 、 1 0 0 0 人 近 く の 人 が 列 を 作 っ て ま し た 。 と り あ え ず 、 い つ も レ イ ブ に き て い る 常 連 達 と 再 開 の 喜 び を 祝 し て 世 間 話 を し て か ら 列 に 並 ん で い る と 、 い つ も の デ ィ ー ラ ー を 発 見 。 何 を 売 っ てい る の かを 聞 く と 、 今 日 は エ ル と コ ー ク が あ る と の こ と 。迷 っ た 挙 げ 句 に と り あ え ず エ ル 8 枚 ( $ 2 4 ) 購 入 。 ( コ ー ク も 久 し ぶ り に 欲 し か っ た な ぁ。 笑 ) 最 近 マ イ ア ミ 辺 り で は エ ル が 蔓 延 中 で、 昨 日 来 て い た ほ と ん ど の デ ィ ラ ー は エ ル を さ ば い て ま し た 。 1 時 間 半 後 に や っ と 入 る 。

今 日 の ク ラ ブ は 体 育 館 の よ う な と こ ろ で 2 0 0 0 人 位 は 入 れ る と こ ろ 。 エ ル を と っ て も 息 苦 し さ を 感 じ な い 広 さ は 十 分 に あ り ま す 。 部 屋 は 別 れ て は い な く、 ほ ん と 体 育 館 の よ う な 感 じ 。 と り あ え ずD j の 予 定 表 、 ス ピ ー カ ー の 位 置 な ど を確 認 。 そ の あ と に 場 所 取 り を し て 、 イ ー を 噛 み 砕 き 水 で 流 し 込 み エ ル を 1 枚 だ け 胃 に 流 し 込 ん で 、 準 備 万 端 。 こ こ 1 ヵ 月 も 踊 っ て い な か っ た の で イ ー 、 エ ル が 来 る 前 に も う ナ チ ュ ラ ル ハ イ デ シ タ ( 笑 ) 。

み ん な 最 初 か ら 飛 ば し て ま し た ね ぇ 。 や は り エ ル が 蔓 延 し て い た た め に、 み ん な 「 エ ル 顔 」( 笑 ) 。 今 日 は 何 が 何 で も 踊 っ て や る と 意 気 込 ん で い た の で 、 ま だ 効 い て い な い う ち か ら 踊 り ダ ン シ ン グ ハ イ を 得 る と 、 ち ょ う ど イ ー が 爆 発 。 さ す が に 1 ヵ 月 も 取 っ て い な か っ た た め に 、 1 瞬 こ こ が 夢 の 中 な の か 現 実 な の か が あ や ふ や に な る 。 ( 笑 ) 重 く な る か な ぁ な ん て 思 っ て い た ん だ け れ ど 、 ピ ュ ア な イ ー だ っ た の で と り あ え ず 、 安 心 。

一 人 目 の ロ ー カ ル D j が 終 わ り 、 2 人 目 の D J の 登 場 。 こ の D j は N Y 出 身 の た め か ち ょ い 暗 め の ト ラ ン ス 回 し て ま し た ね 。 ち ょ う ど こ こ で エ ル が む く む く と 効 い て 来 て い い 感 じ で 、 離 陸 成 功 ( 笑 ) 。 さ っ そ く ス ピ ー カ ー の 前 に 行 き ト ラ ン ス 状 態 に 入 り ま し た 。 と っ た こ と が あ る 人 は 分 か っ て い る と 思 う け ど 、 イ ー と エ ル を 一 緒 に と っ て ト ラ ン ス 状 態 に 入 る と、 い つ ま で も 自 分 で 保 と う と 思 え ば 体 が 限 界 に な る ま で い く ら で も 踊 っ て い ら れ る の で 怖 い ( 笑 ) 。 も う 1 時 間 は 踊 っ た だ ろ う な ん て 思 っ て 時 計 を 見 る と 、 ま だ 1 0 分 し か 経 っ て い な い ( 笑 ) 。さ す が に 飛 ば し 過 ぎ て 少 し 休 憩 。 さ っ そ く 水 を 買 っ て 飲 む と 、 よ く レ イ バ ー 達 が 言 っ て い る で し ょ 「 水 は 命 の 源 」 だ っ て 、 ま さ に そ の 通 り。 水 が 胃 の 中 へ 流 れ 込 む た び に 不 思 議 と 自 分 の 体 が 清 め ら れ て い き、 パ ワ ー が み な ぎ っ て く る 感 覚 に 陥 り 、 5 0 0 m l の 水 を 全 部 一 気 に 飲 み 干 し て し ま い ま し た ( 笑 ) 。 あ と 、 エ ル と イ ー を 合 わ せ て 取 っ て も 5 分 ぐ ら い 落 ち 着 い て い れ ば シ ラ フ と ま で は い か な い け ど 、 普 通 に 戻 れ る 。 た ま に こ の コ ン ト ロ ー ル が 出 来 なく ず っ と 向 こ う の の 世 界 に い っ て し ま っ て い る 人 が い る の で 合 体 を と る と き は な る べ く 経 験 者 と と る こ と を お 勧 め し ま す 。

休 ん で い る レ イ バ ー 達 が 集 ま っ て 円 に な っ て い る と こ ろ が あ り 、 そ こ に 参 加 。 み ん な 「 エ ル 顔 」 し て ま し たね ぇ ( 笑 ) 。 こ う や っ て 円 に な っ て み ん な で 話 し て い る と 、 ほ ん と に レ イ ブ の よ さ が 分 か る 。 そ こ に は 人 種 、 性 別 、年 齢 な ど く だ ら な い 次 元 を 越 え て み ん な が 1 つ に 感 じ ら れ る 。 ジ ョ イ ン ト を み ん な で 回 し あ っ て 、 い い 音 が か か る と 円 の 中 心 に 一 人 が 完 全 に ト ラ ン ス 状 態 に な っ て 音 の ま ま に 体 を 動 か し 、 ぱ っ と そ い つ が 我 に 帰 る と、 次 の ト ラ ン ス 状 態 の 奴 が 中 心 に 入 っ て 来 て ま た目 を つ ぶ り な が ら 音 の ま ま に 踊 り だ す 。完 全 に 人 間 の く だ ら な い エ ゴ が 存 在 し な い 世 界 。 こ れ は レ イ ブ の 大 事 な 1 要 素 だ と 自 分 は 思 っ て ま す 。

し ば ら く す る と 今 日 の メ イ ン D J 「 ICEY」 の 登 場 。 彼 は フ ロ リ ダ の レ イ ブ に 通 っ て い る 奴 だ っ た ら し ら ん 奴 は い な い く ら い 有 名 な ロ ー カ ル d J 。 も ち ろ ん 有 名 に な る く ら い だ か ら ほ と ん ど の パ ー テ ィ、 レ イ ブ で は 音 も テ ン シ ョ ン も 確 実 に あ げ て く れ る。 最 初 に い き な り 、 自 分 のお 気 に 入 り の 曲 が か か り 完 全 に ト ラ ン ス 状 態 ( 笑 ) 。 目 を 開 け て ト リ ッ プ 映 像 を 見 な が ら 踊 っ て い る と 、 音 の 波 長 と 映 像 が 見 事 に 重 な り 完 全 に 持 っ て い か れ る 。 そ の d J の 曲 2 時 間 ま る ま る と 踊 り 、 さ す が に 息 が 苦 し く な る ( 笑 ) 。

つ ぎ の D j は ジ ャ ン グ ル だ っ たん だ け ど 、エ ル の お か げ で 相 変 わ ら ず ダ ン ス フ ロ ア ー に は ト ラ ン ス 状 態 に 入 っ て い る レ イ バ ー で 溢 れ て ま し た 。 自 分 も そ の あ と 5 分 く ら い 休 ん で か ら 、 ジ ャ ン グ ル で も 踊 っ て し ま っ た ( 笑)。 多 分 初 め て じ ゃ な い か な 、 ジ ャ ン グ ル で こ ん な に 気 持 ち よ く 踊 れ た の は 。

つ ぎ の D j は 暗 め の 曲 を よ く か け る D j 。 目 を つ ぶ っ て 踊 っ て い る と 、 自 分 の か ら だ の 中 に 宇 宙 を 感 じ る( 笑 )。途 中 休 ん で ま た 踊 り だ す と 、 最 悪 の 事 態 が 起 き て し ま っ た 、 、 、 「 足 つ り ま し た 。 」( 笑 ) し か も 半 端 じ ゃ な い 。右 足ケ イ レ ン ・ ・ ・ ・ 一 緒 に い っ た 知 人 は び っ く り し て ま し た が 、 自 分 で は そ れさ え も 気 持 ち よ く 感 じ て し ま っ た 。 「 こ こ ま で 、 踊 れ る な ん て 、 め っ た に な い な 。 」 な ん て 思 い な が ら 、 に こ に こ し て ま し た 。 ( 笑 )

そ の あ と は 冥 想 と か し て た( 笑 )。し か し 音 が よ く な る と 無 意 識 に 立 ち 上 が り 、 踊 ろ う と て 足 を ま た つ っ て 「 あ っ そ う か 、 俺 足 つ っ て た ん だ っ け 」 な ん て こ と を 何 回 か 繰 り 返 し て い ま し た 。自 分 の 体 は た だ の 入 れ 物 で あ っ て 、 心 だ け の 自 分 に な れ た ら い い な ぁ 、 な ん て ず っ と 思 っ て ま し た 。 (よ く わ か ら ん 。 笑 )

だ ん だ ん 終 わ り に 近 ず く と 、 い つ も な ら 、お 決 ま りの 様 に ア ン ビ エ ン ト と ま で は い か な い ま で も 、 ち ょ っ と テ ン シ ョ ン を 落 と し た 曲 が か か る の に 今 回 は 最 後 の 最 後 ま で い か せ て く れ ま し た ね ぇ 。 お か げ で 皆 終 わ っ て も 余 韻 が 残 っ て し ま い 、 外 で 自 分 の 車 か ら 流 し て い る 曲 で 踊 っ て ま し た 。 あ り ゃ 周 り の 住 民 に 迷 惑 だ よ な ぁ( 笑 )。

レ イ ブ の あ と に 近 く の 「 バ ー ガ ー キ ン グ 」 に い く と 、 ま だ 瞳 孔 が ひ ら き っ ぱ な し の レ イ バ ー 達 で 溢 れ て ま し た ( 笑 ) 。 何 人 か の レ イ バ ー達 は 店 員 に 注 文 し て い る つ も り な ん だ ろ う け ど 、 ま る っ き り 話 が 通 じ て な い 、 、 、 ( 笑 ) い き な り 注 文 し て い る と き に 一 人 の 奴 が 叫 び だ し て そ の ま ま 外 に 出 て い っ て し ま っ た り 、車 の 鍵 を 取 り 忘 れ て し ま い 窓 ガ ラ ス を 石 で 割 っ て る 奴 、 、 、 す ご い 空 間 で し た ね 、 あ れ は( 笑 )。

帰 っ て 、 寝 て起 き て も ま だ 、 エ ル の 視 覚 が 残 っ て た 。

今 回 は ま た レ イ ブ が い か に 自 分 の 中 で 大 き い 存 在 な の か と い う こ と を 改 め て 思 わ せ て く れ ま し た 。 絶 対 に ジ イ チ ャ ン に な っ て も 通 っ て い る で し ょ う ( 笑 )。体 が 動 か な く な っ て も 、 心 は 自 分 し だ い で い く ら で も 自 由 に 動 か せ ま す か ら ね 。 ( 笑 )

余 談 :

イ ー と エ ル 合 体が 効 い て い る と き に は 、 も の す ご く 俗 物 的 な も の が 馬 鹿 ら し く な っ て く る 。 金 、 権 力 、 体 制 、 人 種 、 そ ん な も の を 気 に し て い る 人 間 が と て も 小 さ く 思 え 、馬 鹿 ら し く な っ て く る 。 「 こ の ま ま ヒ ッ ピ ー に な り、 レ イ ブ を 追 い か け て 世 界 を 回 る の も い い な ぁ 」 な ん て 思 え て 来 てし ま う ( 笑 )。 実 際 に そ う い う 奴 が ア メ リ カ で は 結 構 い る ん だ け ど、 う ら や ま し く な っ て く る 。

関 係 な い ん だ け ど 、 今 回 も 日 本 人 い な か っ た な ぁ。 な ん で マ イ ア ミ 周 辺 の レ イ ブ に は 日 本 人 が 一 人 も い な い ん で す か ね 。 い つ も 探 し て い る ん だ け ど 、 一 度 も 見 た こ と が な い 、 、 、い た ら メ ー ル 頂 戴 ね 。

で は み な さ ん 、 PLUR で い き ま し ょ う 。 ( と は 、 知 っ て い る 人 は 知 っ て い る と 思 う け ど 、 レ イ バ ー の 合 い 言 葉 、 Peace, Love, Unity, Respectの 頭 文 字 を 取 っ た 言 葉 。 )